<< 太陽の塔を写しました | main | 凱旋講演会!?のお知らせ >>

幻の魔神バンダー

 今から44年前、「魔神バンダー」という、特撮番組がありました。

怪獣ブーム真っ最中の昭和42年に作られました。

が、放送が、怪獣ブームが終わった昭和44年になってしまい、おまけに3ヶ月(13本)という短期間、しかもほとんど再放送もなく、ビデオも発売されなかったので、ファンの間でも「幻の作品」のようになっていました。



バンダーはこんな形(右側)でしたが、カラー作品だけれども内容が地味で、肝心のバンダーがほとんど登場しない上、怪獣が何も出なかったので、怪獣ファンの僕としては物足りなく、毎週、主題歌だけは聞く、という程度でした。

ただ、バンダーは、放送開始3年前から始まった連載マンガでは、こんなカッコいい感じでした。



バンダーは、これまで雑誌や特撮本で取り上げられることも少なく、写真自体も滅多に出回らず、本当に、謎の番組でした。

そんなレアさが受けて、今となっては、誰もが見たがる、貴重な番組となっています。

で。

実は、東京の友人が、今年、偶然、東京の飲み屋?で、このバンダーに出ていた女優さんと知り合い、その紹介で、その女優さんが僕のラジオ番組に出てくれることに!

「吉野妙子」さんという大映映画の女優さんで、魔神バンダーでは女性の中では主役級で出ていたきれいな女優さんです。

情報のほとんどない、まさに幻の「魔神バンダー」のいろんな話をお聞きできました。

収録は先週に終わり、放送は、今度の日曜日と次の日曜日の2回です(20日と27日、14時20分ごろのご登場)。

特撮ファンの方はぜひ聴いてくださいね。

かける曲はもちろん「魔神バンダー」の主題歌です。

あの歌はカッコいいですよね。

「fmaiai.com」または、「FMaiai・検索」で、ネットでも聴けます。


コメント
僕も歌はよく覚えてます。「とんでこーい、バンダー、とんでこーい、バンダー、、、」と続くんですよね。かっこいいので、よく歌ってました。(^O^)/
  • houten
  • 2013/10/21 9:32 PM
華原朋美の「朋」と板野友美の「友」この2つを組み合わせた「朋友」という言葉中国で「ポンヨウ」とよばれ「友達」という意味のようです。北斗の拳の続編的漫画「蒼天の拳」の拳志郎がよく言っていた言葉を思いだしやはり2人は近い将来手を組むと確信しました。違う話になりますが20日放送の「八重の桜」で冒頭で加藤雅也扮する板垣退助が演説を終え退場するシーンにイチロー先生に似たような方が1シーン程出てました。一瞬あれっと思いました。
  • プレイボール
  • 2013/10/22 10:47 PM
houtenさん、ありがとうございます。そうそう、その歌です。先週かかりましたよ。今度カラオケで歌いましょう。
  • ウルトラマンイチロー
  • 2013/10/25 9:02 PM
プレイボールさん、ありがとうございます。AKBがらみ情報ですね。うちの長女も大好きで、車に乗ればすぐにAKBの歌をかけるので曲、かなり覚えましたよ。八重の桜、土曜日再放送見てみます。誰であれ俳優に似ていたら嬉しいです。
  • ウルトラマンイチロー
  • 2013/10/25 9:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links

はっちゃんまんワールド

赤ちゃんにっこり「Baby+Smile」
原坂一郎監修 スマートフォンアプリ

profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM